merit 1実際のお部屋と使い勝手を確認できるので、
入居前と後でイメージのズレも無くなります。

一般販売の場合

モデルルームでお部屋をご確認

  • Imagephoto

    建物が完成する前に販売される新築マンションの場合、お部屋はモデルルームでしか確認できないため、住み始めてからギャップを感じることも。

完成後販売の場合

MERIT 1. 実際のお部屋の使い勝手と日当たりをご確認

  • Imagephoto

    一方、完成済み物件は、実際のお部屋を確認できるので、入居前と後でのイメージのズレもなくなります。日当たりの良さや部屋からの眺めなど、
    完成済み物件だからこそ確かめられるのも魅力の一つです。

  • Imagephoto

    Imagephoto

    部屋の雰囲気、住居内の寸法などを自分の目で確認できるため、
    どのような家具が似合うか、手持ちの家具は置けるかなどといった
    空間の活用方法を考えることができます。また家事をはじめ、
    生活しやすい動線かどうか、部屋の使い勝手もチェックが可能。
    収納や設備などの機能面も良く分かり、実際の生活を
    イメージしやすくなります。

merit 2金利上昇のリスクに強いので、
支払い計画も立てやすい。

一般販売の場合

住まいの引渡しを受ける月の金利が適用

  • リスク

    仮に金利が1%上昇すると

    総返済額が約10%上昇することも

    ※元利均等計算で35年固定金利の場合

    金利リスクシミュレーション 年利0.525%の場合 借入額 5000万円 年利0.525% 年数35年 月々返済額 130,345円

    住宅ローンを組む場合、住まいの引渡しを受ける月の金利が適用されます。契約は低金利でも、実際にローンが実行される引渡し時点では、金利が上昇してしまうこともあります。

    ※上記の金額は、金利の違いによる支払い総額の差を比較するシミュレーション例です。
    実際の支払いとは異なります。また、特定の金融機関の金利・支払い例を示すものではありません。

完成後販売の場合

MERIT 2. 引渡しまでの期間が短いためリスクが少ない

  • リスクに強い

    ご契約後、引き渡しまでの期間が短い

    引き渡しまでの間に金利が上がるリスクが少ない

    完成済み物件なら引渡しまでの期間が短いため、
    支払い計画も立てやすくなります。

入居がスムーズなので
家賃の支払いが抑えられる

一般販売の場合

ご契約から入居が長期間となる場合も

  • 建設前に販売が開始されたマンション ご契約から入居が長期間となる場合も 約12ヶ月 例:月々の家賃負担15万円×約12ヵ月=180万円

    未完成物件の場合、建設期間があるため、例えば賃貸住宅に居住中の場合、ご契約から入居まで家賃の支払いが長期間になる場合も.

完成後販売の場合

MERIT 3. 入居がスムーズで無駄な家賃の支払いも抑えられる

  • 完成済みマンションの場合 ご契約から入居までが短期間 約3ヶ月 例:月々の家賃負担15万円×約3ヵ月=45万円

    一方、完成済み物件なら、実際に部屋を見学し、気に入った物件が
    見つかれば一斉引き渡しの後に即入居が可能です。
    また建設期間中の無駄な家賃の支払いも抑えられます

ルジェンテブランドサイトはこちら